1. 敷板ネットブログ
  2. お役立ち情報
  3. 緩衝材
  4. 緩衝材とは?緩衝材の用途別に使える緩衝材をご紹介!

緩衝材とは?緩衝材の用途別に使える緩衝材をご紹介!

緩衝材とは? 緩衝材の用途別に使える緩衝材をご紹介!
  • 緩衝材

「緩衝材」とは

「緩衝」とは、二つのものの間に立って、不和・衝突をやわらげることを言います。
「緩衝材」は、商品や荷物などを運搬する際に、商品同士や商品と梱包する箱がぶつかったり擦れたりすることによって発生するキズや破損を防ぎ、商品を守ることが目的です。緩衝材の種類は多く、商品を包む、隙間を埋めるなど使い方も様々で、梱包する物や運搬方法に適した「緩衝材」選びが重要です。また、「緩衝材」はなるべく安価に固定ができ、緩衝効果が高いもの、嵩張らず、使い終わった後の処理がしやすいものが人気です。

用途別におすすめします!「緩衝材」の種類

「緩衝材」とひとことに言っても、素材や大きさ・形状など色々なものがあり、どれを使えばいいか迷いますよね。そこで今回は、用途ごとにおすすめの緩衝材をご紹介します!

隙間などの充填に

梱包する箱の中で、商品や荷物同士が動いたり擦れないよう、隙間の充填におすすめの緩衝材です。

紙緩衝材

紙製の緩衝材です。印刷前の新聞紙の原紙を使用した更紙(ざらがみ)と呼ばれるものや、間伐材や古紙などを原料としたものもあり、再資源化することができ環境に優しい緩衝材です。隙間を埋めるだけではなく、商品を包むこともでき、安価なのが特徴です。

※隙間を埋める際、陶器などのように壊れやすいものは、緩衝材を詰めすぎるとその圧力で破損してしまうことがあるため注意が必要です。

紙緩衝材使用例

バラ緩衝材

粒状のクッション材で、材質は紙やコーンスターチを主原料としたものや、合成樹脂製のものがあります。コーンスターチ製の物は、梱包する荷物が重いと空気が抜けてしまうため、軽い荷物の緩衝に向いています。バラバラして扱いにくい面もありますが、荷物同士の小さな隙間を埋めるなどに重宝します。100円均一やホームセンターでも購入できます。

バラ緩衝材

エアー緩衝材

連続したピロー(枕)型の気密室に空気を入れた、プラスチック製の緩衝材です。形が自由になり、大まかな隙間を埋めるのに便利です。帽子や鞄の型崩れ防止にも使用できます。空気を抜くだけなので、処分も簡単です。

エアー緩衝材ピロータイプ

商品の表面保護に

商品や荷物の表面保護用として、エアクッションの気泡シートや低発泡のプラスチック緩衝材があります。包むだけで簡単に緩衝できます。

気泡シート(エアキャップ・プチプチ)

プチプチでおなじみのシート状になった気泡入り緩衝材です。気泡の大きさや堅さ(強度)など種類があり、包む荷物により選ぶことができます。シート状のものは、はさみやカッターで好きなサイズにカットして使用できる他、袋状のものもあり効率よく包むことが可能です。荷物に巻いて表面を保護する他、隙間の充填用にも使用でき便利です。

エアーキャップ(プチプチ)

発泡シート(ミラマット、ネット)

発泡ポリエチレン製のシート状緩衝材で、ガラスや陶器類の表面保護によく使用されます。クッション性はもちろんのこと、断熱性や防湿性などもあり、触った感じが柔らかく、白色のものは清潔感もあるので、商品の包装などにオススメです。陶器やガラス製品を包む他、お皿の間に敷くなどの用途もあります。発泡ネットは、りんごなどの果物やワインボトルなどの緩衝材としてよく使用されています。

※気泡シートや発泡シートは、一度衝撃を受けてつぶれてしまうと元に戻らず、緩衝できなくなるものもあります。

発砲シート

商品の固定に

梱包する箱の中で、商品などが動いて破損することがないよう固定させるための緩衝材です。

フィルム緩衝材

フィルムと段ボールの台紙で固定する緩衝材です。商品をフィルムと台紙の間に挟むことで簡単に固定することができ、運搬中に中で動くこともありません。フィルムが伸びる素材でできているものもあり、サイズの異なる商品を1つの緩衝材で固定することが可能です。他の緩衝材のように、切ったり詰めたりする手間がないため、効率よく梱包できます。

パルプモールド

新聞紙や牛乳パックなどの古紙を原料にした成形品で、卵や果物のトレイ、家電製品などの緩衝材に使用されています。通気性や保水性に優れているため、青果物などの梱包に適しています。段ボールのように畳んで保管や処分ができず少し嵩張りますが、古紙を使用しており、土に還る環境に優しい緩衝材として再注目されています。

パルプ緩衝材

小さい荷物や簡易梱包したい場合であれば、100円ショップやホームセンターなどで緩衝材を購入することが可能です。大きな物を送る場合や数が必要となる場合は、ネット購入や緩衝材製造機の導入するのもいいでしょう。