1. 敷板ネットブログ
  2. お役立ち情報
  3. りん木・角材
  4. りん木とは?用途、材質の種類について解説!

りん木とは?用途、材質の種類について解説!

りん木(角材)とは?用途、材質の種類について解説!
  • りん木・角材

建築資材などに使用される材木は、一度平積みにして保管されることがよくあります。りん木とは、その時下に敷いて地面との間に隙間を作る枕木のことです。

なぜりん木が必要なのか、材木管理や積荷としてトラックの荷役をする際にどんな意味を持っているのか、使用上の注意点や材質についてなどと合わせて解説します。

りん木・厘木、輪木などとも呼ばれる仮置用枕木

りん木の一番の目的は、材木をはじめとした重量物を、一時的に保管する際の枕木としての役目です。「輪木」「厘木」と書かれることもあり、ばん木と呼ばれることもあります。

材木は湿気に弱いので、地面と長時間接すると腐食やカビの繁殖を招いてしまいます。そうなると資材価値がなくなってしまい、最悪の場合廃棄しなくてはなりません。同様に金属資材もサビや劣化のリスクにさらされます。

これを避けるために、りん木を下に敷いて隙間を作り、空気の通り道を作り、湿気がこもることを防いで品質維持をはかるのです。

この用途を叶えるために、通常四角柱に製材された角材が用いられています。

また、地面との間に作られた隙間には、資材や荷物を移動する際にフォークリフトの爪を入れるための隙間という意味も持っています。そのため物流効率化のためにも不可欠な資材ということができるでしょう。

似た目的で使われるものに、積み重ねた木材と木材、積荷と積荷同士の間に置く角材があります。こちらはりん木とは呼ばず、桟や筋と呼ばれています。

りん木を使う上での注意点

通常は、2本以上のりん木を平行に並べて隙間を作って枕木とします。この場合、りん木同士の材木との接地面が均等になるように等間隔に置く必要があります。でなければ不同沈下という現象を起こしてしまうからです。

不同沈下とは、重量の接地面の硬さや柔軟性にムラが生じるとき、力が均一にかからず、重力の強い部分から沈下を起こしてしまう現象です。

つまり、りん木そのものが早く劣化したり、荷崩れを起こしてしまうかもしれないのです。

りん木にかかる荷重の問題は、コンクリートで整地された場所のように予め水平が保たれた状態なら解消しやすいです。

しかし、りん木は樹木から出来ているので、乾燥度合い、樹種の違いによる身のつまり具合が微妙に異なります。いずれもが不同沈下のリスクを招きます。この点を注意しなくてはいけません。

りんぎは均等・平行に置くことが重要です

りん木に用いられる材木の種類

りん木の材質は特に決まったものはありません。針葉樹や広葉樹の丸太を、必要なサイズに製材して使います。

丸太から角材・りん木を切り出すときの方法の違い

丸太のどの位置を、どうやって切り出すかによって角材の種類は違ってきます。

  • 芯持ち材…丸太の中心部分を使う。最も大きな角材として整形できるが、節が多い。芯持ち材には、「背割り入材」といって、芯持材の背面部分に中心に向かって長さの半分程度の割り込みを入れたものもある。こうすることで、乾燥によるひび割れを防ぐことができる。
  • 芯取り材(割材)…丸太の外側から切り出して整形する。白太という表皮に近い部分や、芯材と白太を両方持った源平材と呼ばれる状態のものが多くなる。木目が波打った状態の板目と、きれいな平行線である柾目で構成される。柾目は非常にに目が詰まっていてまっすぐに構造されているので、美しい材木として重宝される。

超重量物に用いられるりん木

あまりにも重量の大きな資材の下に敷くためのりん木には、特に強度が求められます。そこで、アピトンという非常に強い耐久性木材が使われることがあります。

アピトンとは東南アジア原産の木材で、フィリピンやマレーシアで生産されています。色調はさほど整っていないので床材や壁材には好まれませんが、耐久性の強さから柱や梁として使われるようです。その強度は、震度6程度の揺れでもひび割れを起こさないと言われるほど。

 参考 島村材木店アピトン材の専門店

また、特殊なヤニを持っていることで湿気や虫を寄せ付けず、屋外で材木を管理する際に重宝されています。

樹脂性のりん木

木材でできたりん木の代わり、再生プラスチックや木質バイオマス資材を使って作られた樹脂製の枕木もあります。丈夫で軽量、組み立て式で長さを自由に決められるなどメリットがあります。ただ、木くずにプラスチックを混ぜて生成するという特徴上、熱を持ちやすいというデメリットがあります。

りん木に求められるニーズと課題

りん木は地面に置かれるだけでなく、トラックの荷台の上に置かれ荷役の効率化に貢献することもあります。そのため、今後注文を受けて荷台のサイズに合うりん木を、柔軟に生産する仕組み作りの必要があります。

また、消耗品でもあるりん木には調達先確保の課題も。社歴のながい物流業者であれば、提携先が決まっているのでりん木調達に困りません。しかし新規開業の物流業者や、小ロットでの配送を目的としている会社では、りん木調達が困難な場合もあるのです。そこで、今後りん木の発送や受注には、新規業者も参入しやすいよう、業者が希望するサイズ感でのオーダーが可能となることが求められています。

プラスチック製のりん木はサイズのオーダーが可能です