1. 敷板ネットブログ
  2. お役立ち情報
  3. ブロック
  4. コンクリートブロックの種類や歴史をご紹介!

コンクリートブロックの種類や歴史をご紹介!

コンクリートブロックの種類や歴史をご紹介!
  • ブロック

コンクリートブロックとは

コンクリートブロックとは立方体や長方体など方塊状の建築などで使う資材の事です。方塊状とは四角い塊の事を言います。
コンクリートブロックには建築用、土木用、海洋構造物用、など、用途によっても様々なものがあり、コンクリートブロックは工業製品として規格化されていて、どこでも簡単に入手でき施工管理も簡単である事から広く一般に普及している様々な用途で活用できる建築資材の一つとなっています。
建築資材とは建物などを作る際に使われる材料の事を言い、木材などもその一つです。

コンクリートブロックの歴史

コンクリートブロックは不燃の新たな建築材料として明治中頃日本に導入されました。
その後第二次世界大戦後の日本の復興と高度成長を支えるとコンクリートブロックは注目を集めます。

工場で規格化され大量生産が始まると瞬く間に世に広まっていくこととなりました。
※1952年にはJIS規格されています。
オイルショック後はオイルショックの影響とALG板等の別のコンクリート建材の普及により長い間コンクリートブロックでの造建築は減少する事になります。
※ALG板とは高温で高圧の蒸気の中で養生した軽量気泡コンクリートの事です。

その後長期間減少傾向を辿るんですが、コンクリートブロックはエクステリアなどの塀を造る作業や土留や舗装といったあらゆる分野で発展を続け現在も全国各地で地産地消の重要な建築資材として活躍しています。

簡単にまとめたコンクリートブロックの歴史表

1889年頃~コンクリートブロック導入
1945年頃~第二次世界大戦の復興と高度成長を支え大量生産が始まる
1952年早くもJIS規格されます
1973年頃~オイルショックの影響とALG板等の普及により長期間の造建築の減少に入る
1980年頃~ 造建築減少後も塀や土留など、あらゆる分野での発展をすすめる
2021年そして現在全国各地で「地産地消」の重要な建築資材として活躍している

コンクリートブロックの種類

コンクリートブロックは断面形状、外部形状、圧縮の強さ、化粧の有無、防水性及び寸法許容差によって区分されています。

断面形状による区分空洞ブロック型枠状ブロック
外部形状による区分基本形ブロック
基本型横筋ブロック
基本型ブロック
異形ブロック
圧縮強さによる区分A(08)、B(12)、 C(16)、 D(20)20、25、30、35、40、45、50、60
化粧の有無による区分素地ブロック
化粧ブロック
寸法許容差による区分(記号)普通制度ブロック
高精度ブロック(H)
防水性による区分(記号)普通ブロック
防水性ブロック(w)

空洞ブロックは(容積空洞率25〜50%の断面形状のブロック)を差し型枠状ブロックは(容積空洞率50〜70%の断面形状のブロック)を差します。

基本型ブロック

基本型ブロック

空洞ブロックのうち、建設物の組積体に使用する基本的な形状で一方向だけ鉄筋の配置が可能な空洞部を持つ形状のブロックです。

基礎型横筋ブロック

基本型横筋ブロック

縦横空洞ブロックのうち二方向の鉄筋の配置が可能な空洞部を持つ形状のブロックです。

異形ブロック

異形ブロック

コーナー用、まぐさ用、半切などの用途によって外部形状の異なるブロックで、基本型ブロックまたは基本型横筋ブロックと組み合わせ使用します。

厚さは100.120.150.190.とありますが長さと高さは390×190となります。
これもJIS規格で決まっていて基本となります。

JIS規格とは

そもそも、JIS規格とは何?と言う方がほとんどだと思います。
◻︎JIS規格とはJapanese Industrial Standardsの略で産業製品に関する規格や測定法などが定められた規格の事です。日常生活で使う生活品にも様々な長さや質量などJIS規格で決められたものがあります、例えば、単四電池やトイレットペーパーの芯など、どこのメーカーの商品を買ってもハマりますよね?
こういった日用品もJIS規格で定められている為どのメーカーのものを買ってもちゃんと使えるようになっているのです。JIS規格とは、日本国内の製品の規格に準拠しているもの、という証明となります。

コンクリートブロックの用途は?

コンクリートブロックの用途としましては隣地境界などの建物の塀に使ったり外階段などのタイルデッキに使うなどを初め、様々なシチュエーションで活躍を期待できる資材と言えるでしょう。
コンクリートブロックはお値段もお手頃ですしホームセンターなどでも見かける機会があると思います。調べるとコンクリートブロックの積み方と言ったページも出てきます。
他にも様々な使い方が出来るので、コンクリートブロックを使ったDIYも活躍が期待出来ます!
例えば下のDIYイメージ画像のように、基本型のコンクリートブロックを積み上げ木材を穴に通しただけの簡単なおままごとキッチンですが、色を変えたり、ブロックを増やして高さを出したりなど、工夫次第でお洒落なフラワースタンドやベンチにもなります。

コンクリートブロック使用例