敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

受付時間 9:00-17:00 土日祝日は除く 0800-080-4135 このバナーをクリックで販売代理店ダブルノットにつながります
受付時間9:00-17:00
土日祝日年末年始は除く
敷板サンプル謹呈中どうぞお気軽に!
Wボード1枚お試し10,000円条件付き 送料無料・税込
敷板netは販売実績約280社・お客様満足度91.7%です

CHECK!

ブログ

営業カレンダー

2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
祝日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

SNS随時更新中!

Facebookページ

ブックマーク

ぜひ、敷板ネットのWebサイトをブックマーク(お気に入り登録)してください。

 

トップ >敷地のぬかるみ徹底対策!ぬかるみトラブルの解決事例を多数ご紹介!

敷地のぬかるみ徹底対策!ぬかるみトラブルの解決事例を多数ご紹介!

長雨や台風が続いた後や、自宅の駐車スペースやお庭がぬかるんで困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
土地がぬかるむことで「わだち」ができてしまい、タイヤがスタックしてしまい車が傷ついたり、歩行中わだちに引っ掛かってしまうなど土地がぬかるむことで様々な支障が出てしまいますね。
土間コンクリートやアスファルトで舗装すると、50万円以上かかってしまう場合もあるので簡単に安く済ませたいと思う方には悩むところではないでしょうか。
そこで今回は、ぬかるみトラブルの対策とDIYで出来る解決方法の事例をご紹介します。

「ぬかるみ」はなぜ起きるのか?

そもそもぬかるみは何故起こるのでしょうか?水たまりが出来、ぬかるみが発生する原因は、土地に雨水がたまって流れにくい状態であったり、雨水が土の中に浸透しないことが原因となり発生しています。それは、土の性質だったり、土の劣化、水はけ問題など、様々な要因が重なりおこること。ぬかるみがあり困っている土地の解決策を考えるには、まず、土地の性質や水がたまってしまう「原因」をきちんと知り、適切な解決策をおこなうことが大切です。

ぬかるんだ土地は車や人の足でぐちゃぐちゃに

土の性質は?

ぬかるみの原因のひとつとしてあげられる「土地の土質」について。
庭や駐車場に使用している土に、粘土質や赤土質を使っている場合、土の性質として粘り気があり水分を吸収し逃がさないので、水分キープ力が高くなり、水はけが悪くぬかるみやすくなります。

そういった粘土質や赤土質の上に砂利を敷いてある場合、粘土質や赤土質のようなぬかるみは少ないですが、時間が経つと砂利が飛び散り、駐車場の場合はタイヤの跡がへこんで水たまりになってしまったり、といった問題があります。

また、畑などでよく使用される黒土の場合、比較的水はけはよいですが、耕している土の場合は空気を含み、そこに水が入るとぬかるみやすくなります。

ぬかるむ土地は草も生えず雨がふると土が流れてしまう

土地の劣化は?

整地されてから長い年月が経過すると、土地の表面の粒子が細かい土になっていき、ぬかるみやすくなります。整地されたばかりの時は水はけがよいですが、何年かたつと水たまりができてしまうなどがこれにあたります。

わだちが出来た土地に雨が降ると水たまりが出来て土地が乾かず湿った土地に

水はけの処理は?

雨水や雪解け水が土に浸透するのを待たずに、土地に勾配をつけると水が流れでていきます。このように、排水性を高めるため人工的に水の流れを作り整地してある土地ではぬかるみもなく過ごすことができますが、長い年月が経つと、劣化で傾斜がなくなり水たまりやぬかるみができやすくなる場合があります。

土地はなだらかな斜頸があるが土地がへこみ排水溝の前で水たまりができてしまう

手軽に「ぬかるみ」対策

土地のぬかるみ問題の改善として、専門業者に依頼する工事(排水工事や土間コンクリートを打つ工事、芝を張る)にも様々なものがあります。その土地の土質にあった方法で最善の解決策を提案していただけるかと思いますがどうしても費用も高くなってしまいます。予算にもよるかと思いますが、まずは、ご自身で材料をそろえてぬかるみ改善を行ってみるのはいかがでしょうか?こちらでは、ご自身で手軽にできる「ぬかるみ対策」をご紹介いたします。まずはご自身でできることでぬかるみの改善を目指してみませんか?一時的に養生できるもののメリットデメリットをご紹介いたします。

  メリット デメリット
真砂土を敷く(やや簡単・安価) ・土を入れるだけなので手軽
・価格:10kg約1,000円程度
・水はけがよくなる
・設置する前に整地が必要となる
・定期的なメンテナンスが必要
・時間が経つとへこみが出来たり雨で土が流されていく
砂利を敷く(やや簡単・安価) ・砂利を入れるだけなので手軽
・価格:10kg約300円
・水はけがよくなる
・設置する前に整地が必要となる
・石が移動しやすく周りに飛び散る
・時間が経つと部分的にへこみやすい
コンパネを敷く(簡単・安価) ・価格:約3,000円
・水はけはしない
・10kg程なので1人で設置可能
・腐りやすい
・雨風で劣化すると割れてしまう
・重いものが乗ると割れる(大型車両など)
プラスチック敷板を敷く(簡単・やや高価) ・40kgとやや重いが設置は置くだけなので手軽。
・価格:約2万円 ・水はけはしない
・腐らない
・経年劣化がある ・板自体が変形する場合がある
・重いものが乗ると割れる場合がある
 (軟弱地盤かつ20トン以上の車両が走行など)
敷鉄板を敷く(面倒・高価) ・ぬかるみ部分に敷くだけ
・価格:約8万円
・水はけはしない
・どんな工事も対応
・半永久的に使用可能
・800kgと重く機械設置が必要
・設置すると動かせない
・サビる
・土地がでこぼこしているとパタパタする
・走行時に騒音が起こる場合がある

上記の表でご紹介したぬかるみ対策は、比較的お手軽にDIYできるぬかるみ対策です。(敷鉄板の場合は機械が必要ですが)ご自身でDIYする場合、基本的にぬかるんで凹みがある場所は平らに整地してから行うことをおすすめします。少し手間をかけることで効果が長持ちしますのでお試しください。

用途別ぬかるみ事例集〜樹脂敷板を敷いてぬかるみ対策〜

こちらでは手軽にできるぬかるみ対策の内、「プラスチック敷板を敷いたぬかるみ対策」の実際の事例をご紹介します。 プラスチック敷板(樹脂製敷板)は軽量なので敷くのも撤去するのも気軽に行うことができます。滑り止めも付いているので、タイヤ滑りの予防にも効果的です。ぬかるみの泥はねを防ぎ、歩行にも最適です。敷く場合は、水たまりや凹みのある場所は前もって平らに整地してから敷いてください。プラスチックなので点圧に弱く、地面と板に隙間ができてしまうと割れやすくなってしまいます。 「こんなところには使用事例ないの?」などご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

駐車場のぬかるみ対策にプラスチック敷板を利用

1、わだち・汚れ解消、設置も簡単(戸建て住宅の駐車場)

わだち・汚れ解消、設置もプラスチック敷板なら簡単

課題
・車が出入りするとだんだん「わだち」ができる
・玄関周りが土で汚くなる

設置後
プラスチック敷板を4枚敷く事で車の泥汚れが減りました。土地もわだちが出来にくくなりました。
価格
Wボード36薄型4枚・・・58,000円(税込) (商品48,000円+送料10,000円[お届け:東京])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

2、畑を一時的な駐車場に

畑を一時的な駐車場にするためにプラスチック敷板を利用

課題
・雨が降った後、車で乗り入れするとはまってしまう
・農地を駐車場にするためには、「農地転用許可」が必要

設置後
乗用車も問題なく駐車でき、家族笑顔で団らんを楽しむ事ができました。農地転用もすることなく利用できています。
価格
Wボード36薄型10枚・・・128,000円(税込) (商品120,000円+送料8,000円[お届け:島根])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

3、砂利駐車場の水たまり解消

砂利駐車場の水たまり解消にプラスチック敷板を利用

課題
・砂利が移動してしまい水たまりができてしまう
・毎年砂利を入れるなどのメンテナンスが必要 設置後
水たまりができにくくなりました。メンテナンスも数年に1回で毎年のコストが削減できました。
価格
Wボード36薄型12枚・・・245,000円(税込) (商品216,000円+送料29,000円[お届け:東京])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

4、芝生の保護、ぬかるみ防止

芝生の保護、ぬかるみ防止にプラスチック敷板を利用

課題
・施設の駐車場スペースが少なく、芝生に現場事務所や資材置き場に駐車しなければならない
・芝生の上に駐車すると芝生が傷んでしまう
設置後
柔らかい芝生の上でも車を駐車することができました。軽いため芝生を傷めず工事を終えることができました。
価格
Wボード48片面カラー100枚・・・2,481,000円(税込)
(送料:引き取り3,000円)
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

現場出入口・通路のぬかるみ対策にプラスチック敷板で養生

1、出入口10t車走行のスタック防止

出入口10t車走行のスタック防止にプラスチック敷板を利用

課題
・土地が雨が降るとぬかるんでしまう
・ゴミ収集車が侵入するとスタックしてしまう

設置後
ゴミ収集車が侵入しやすくなりました。道路に土が漏れないので安心です。
価格
Wボード48片面20枚・・・468,000円(税込)
(商品440,000円+送料28,000円[お届け:大阪])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

2、長雨での土地のぬかるみ対策

長雨での土地のぬかるみ対策にプラスチック敷板を利用

課題
・長雨で通路がぬかるみ1tトラックがスタックしてしまった
・急なスタックのため敷鉄板が用意できない

設置後
軟弱地盤だったが、1tトラックに荷物を載せてはまることがありませんでした。割れもなく次の工事にも使っています。
価格
Wボード48片面10枚・・・223,000円(税込)
(送料:引き取り3,000円)
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

3、公共道路の汚れ防止

公共道路の汚れ防止にプラスチック敷板を利用

課題
・グランドの土はタイヤに付着しやすく道路を汚してしまう
・校庭の中を走行するとわだちができてしまう

設置後
校庭を傷めず公共道路を汚すことなく工事を終えることができました。
価格
Wボード48片面カラー9枚・・・239,000円(税込)
(商品225,0000円+送料14,000円[お届け:広島])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

4、山道での悪路走行、スタック防止

山道での悪路走行、スタック防止にプラスチック敷板を利用

課題
・林道は整備されていないため「でこぼこ」しており、重機がスタックしてしまう
・悪路すぎて敷鉄板を設置できない

設置後
バックホーが土地にはまることなく作業できました。トラックにも積み込みやすいです。
価格
Wボード48片面カラー9枚・・・245,000円(税込)
(商品220,0000円+カット代11,000円+送料14,000円[お届け:広島])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

畑・田んぼのぬかるみ対策にプラスチック敷板を利用

1、田んぼ内の農機具スタック防止

田んぼ内の農機具スタック防止にプラスチック敷板を利用

課題
・田んぼの中をUターンする際にスタックしてしまう
・敷鉄板だと重すぎて沈んでしまう

設置後
コンバインがスタックすることなく作業できた。敷鉄板のように沈まないので板のある場所が分かるのはいいですね。
価格
Wボード36片面6枚・・・86,000円(税込)
(商品78,000円+送料8,000円[お届け:島根])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

2、ビニールハウス入り口に

ビニールハウス入り口にプラスチック敷板を利用

課題
・ビニールハウス周りの水たまりとわだちで一輪車やキャスター走行が困難
・水たまりが乾かず歩行しずらい

設置後
キャスターや一輪車もスムーズに走行でき作業効率があがりました。
価格
ディバン48薄型5枚・・・73,000円(税込)
(送料:引き取り3,000円)
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

3、ビニールハウス内トラックスのタック防止に

ビニールハウス内トラックスのタック防止にプラスチック敷板を利用

課題
・育苗を大量に運ぶにはトラックでハウス内を走行が必要
・ビニールハウス内のぬかるみでトラックがスタックしてしまう
・トラック走行が不安定で苗が落ちてしまう

設置後
キャスターや一輪車もスムーズに走行でき作業効率があがりました。
価格
ディバン48薄型20枚・・・297,000円(税込)
(商品280,000円+送料17,000円[お届け:新潟])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

4、畑の通路スタック防止に

畑の通路スタック防止にプラスチック敷板を利用

課題
・畑の土地がぬかるみ、軽トラックがスタックしてしまう
・スタックすると脱出するのに助けが必要

設置後
キャスターや一輪車もスムーズに走行でき作業効率があがりました。
価格
ディバン36薄型2枚・・・27,000円(税込)
(商品20,000円+送料7,000円[お届け:新潟])
詳しくはこちらへ(事例ブログへ)

以上、気軽にできるぬかるみ対策の内、プラスチック敷板を使用した事例のご紹介でした。
当店ではプラスチック製の敷板を販売してますので、敷板を敷いた事例のご紹介でしたが、「ぬかるみ」にお困りの方はお気軽にお問い合わせください。どのような土地でご利用予定なのか、ご予算は、ご希望は、などお客様と一緒に考え、お困りごとの解決をさせていただきます。もちろん無理強いはしません。敷板がお客様にとって最善であると判断した場合のみご案内をさせていただきます。

ページトップへ