敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

物置やプレハブの基礎が傾いた!?水平を直す方法とコンクリートブロック基礎の高さ調整ができる資材とは?

樹脂敷板(プラスチック敷板)のお客様事例集

季節の変わり目に利用することが多い、物置。冬になると、プレハブ小屋にしまっている冬用タイヤを出したり、物置にしまっていたスコップを取り出した際に、物置の扉が開かない!なんてことはありませんか?

これは、扉のサビが原因の場合もありますが、基礎が傾いてしまうため起こることも多いです。

基礎が傾いてしまった場合は、高さの違うコンクリートブロックで傾きを調節しますが、数センチ単位での調整は難しく、モルタルを自作しての高さ調整は大変です。そんな時は、板厚20mmのプラスチックブロックがおすすめです。

傾いた基礎の修復方法と、プラスチックブロックがおすすめな理由をご説明します!

基礎が傾いてしまう理由は地盤が沈んでしまうため

一番多い理由は、地面が沈んでしまう事です。倉庫がある事によって沈む場合や、地面の柔らかい部分が沈む場合があります。

他にも、雪が積もり屋根の重さで傾いてしまう事もあります。

傾いた基礎を修復するには?

1、ジャッキで土台を上げる

沈み込んでいる基礎側をジャッキで持ち上げ、水平を確認します。

2、高さ調整

高さを調整する際、コンクリートブロックの幅が違うものを選び、高さを調節します。

3、ジャッキを下ろし、水平を確認

ジャッキを下ろし、水平が出れば完了です。

さき子おすすめ!高さを調節しやすいプラスチックブロック

基礎の高さを調節する際、コンクリートブロックでは、細かい調整ができないため、モルタルなどで細かい高さ調整をされる方も多いと思います。

プラスチックブロックは高さ20mmと細かい調整が可能で、耐水性にも優れているため物置の高調節にはおすすめです!

物置の基礎の調整にはプラスチックブロックを

コンクリートブロックの高さが足りない場合に20mm単位で調整できるプラスチックブロックはとっても便利です!


プラスチックブロック厚み20mmの詳しい情報はこちらから

お問い合わせ0800-080-4135
樹脂敷板カットサンプル無料進呈中
大雨・梅雨・台風でのぬかるみ対策は、プラスチック敷板にお任せ!