敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

ハイエースの荷室の養生には樹脂敷板【トヨタ ハイエース床張り】業務用やアウトドア用などのハード利用に

荷台保護

業務用やアウトドアなどに広く使われるハイエース。運送会社や建築現場の機材に使用したり、一般の方はキャンプやサーフィン、釣りなどに使用する方も多いでしょう。幅広い層に愛されているハイエースですが、荷物を出し入れしている荷台の床張りを自分なりに加工している方も多くいます。皆さんのハイエースの床は加工をされていますか?

今回は、「現在何も加工してないけど荷台を保護したい」。また、「コンパネなどを使っているけど他の製品も気になる」という方に向けて、樹脂敷板を使う方法をご紹介します。

※この記事で紹介する敷板は当社が販売する「ディバン」を用いたものになりますが他の商品との比較も行っておりますので参考にしてください。

【モデル】トヨタ ハイエース

ハイエースの荷台に床張りをする方法

荷台を保護する方法として、

  • 業者にすべて依頼する
  • 自分で採寸などをして施工する
  • ネットで購入したものを敷く

大きくこの3パターンありますが、今回のおすすめはネットで購入したものを敷く方法です。

業者にすべて依頼する場合は、質にこだわりがあるという方は間違いなく業者が良いです。しかし、かかる費用もそれなりに高く、一般の方にはハードルが高いです。費用は約20万~30万円程度

自分で採寸などをして施工する場合は、業者が行う作業を自分でできるのであれば良いですが、床張りの作業は意外と工程が多く、専門の工具などが必要になるので初心者の方にはあまりお勧めしませんし、時間もかなりかかります。費用は大体10万以内

おすすめはネットで購入したものを敷く

楽天市場などで「ハイエース 荷室」と検索をすれば、今は自分のハイエースに合わせたマットやコンパネが見つけられるので、そこで購入をして荷台の床にただ敷くだけです。

正直、床が守られれば良いという方は一番簡単なのでこちらがおすすめです。もちろん、業務用でも十分使えるものもありますので、試しに一度購入してみるのもありです。費用は約2万~3万円程度

しかしネットの商品では、購入したものの結局使えないということもあり不安という方もいらっしゃるかと思います。

そこで荷台に敷く製品の一つとして、樹脂敷板のご紹介します。

樹脂敷板は上に敷くだけでOK

ここでご紹介する樹脂敷板とはプラスチック板のことです。

樹脂敷板の詳しい説明は下の記事をご覧ください。

<樹脂敷板とは?>

バンの荷台に樹脂の敷板をカットして使用

この樹脂敷板は「木材」と「プラスチック」の複合材の「ウッドプラスチック」製なので、

・汚れに強い。海水や薬などにも耐性がある

・軽くて耐久性がある(使い方次第で10年程度は持つ)

という特徴があります。コンパネと比べると腐ったりする心配もなく、汎用性が高いのに合わせて値段も他商品とあまり変わらないのでかなりおすすめです。

自分の車の荷台に合わせたカットも注文時にやってくれるので、自分は上にただ敷くだけと簡単なのもメリットの一つです。ちなみに、後で自分でカットしたい場合も加工しやすくなっています。

手軽に長く使うなら樹脂敷板

こだわりたい方は、お金を払って業者や自分で床張りの作業を行ってもよいとは思いますが、床を保護するだけでしたら2~3万円程度で購入したものを敷くだけで十分です。

ここで紹介した樹脂敷板は、建築現場や引っ越し現場での機材の搬入やキャンプやサーフィンといった場面でも活躍できるので検討してみてください。

ディバン48
大雨・梅雨・台風でのぬかるみ対策は、プラスチック敷板にお任せ!