敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

観光農園入り口にてお客様の足元が汚れないためにプラスチック敷板を通路として使ってみた

田んぼ・畑・農園

今回は【 観光農園 】での事例をご紹介します。

いちご狩りやりんご狩り、ブドウ狩りなどの季節で取れる果物狩りはお子さんや祖父・祖母との楽しめるイベントです。 計画を立てて遠い所からいらっしゃるお客様もおられます。

果樹園は山や畑に作られている所が多く、土地も柔らかくぬかるみやすいにもかかわらず、ヒールや革靴などのおしゃれ靴で来られる方も少なくありません。お客様が靴を汚してしまい楽しいはずの果物狩りが台無しに…なんてことになどはお客様もお店側も悲しいです。

お客様には気持ちよく楽しんでいただいてもう一度足を運んでくださってほしいですよね。

今回は通路としてご利用された事例です。

使用場所は鳥取県西伯郡大山町のブルーベリー観光農園。

夏には沢山のお客様が摘み取りを楽しみに来られます。 駐車場から農園入り口店舗までの通路は防草シートを敷いてお客様が通路とわかるようにしていました。3年ほど経ち破れたり、草の力で穴があきそこからすくすくと雑草が生えてくるようになりました。

これだと防草マットは役に立たず、お客様がどこを歩いていいのかわからない状態になっていました。 しかも、雨が降るとぐちゃぐちゃになり、靴が汚れてしまいます。気付かず歩くと土地がでこぼこになってしまい、小さなお子様がこけてしまう可能性もあります。

ぐちゃぐちゃの足元の中で農園入り口店舗内に入ると、靴についた泥や砂が店舗内に広がり掃除も大変でした。

お客様の通路として最適なのは?

対策としては、「コンパネ・合板」「ゴムマット」「プラスチック敷板」で対応を考えていました。
防草シートで考えていなかった理由は、補修しても同じ事の繰り返しだと思ったからです。

コンパネ・合板

コンパネは1枚1500円ほどで、ホームセンターに行けば買えます。

メリット

  • 安い
  • ホームセンターで販売しており手に入りやすい

デメリット

  • 雨に濡れると腐りもろくなる
  • 定期的に交換が必要

コンパネ・合板は約1,500円と価格も安く、ホームセンターで販売しているので手に入りやすいです。ただ、雨やぬかるんでいるところに常時設置となると、1か月ほどで腐ってもろくなってしまいます。

ゴムマット

メリット

  • 土地になじむ
  • 滑り止りずらい
  • 弾力があるのでお客様が歩いても安心

デメリット

  • 重く感じる
  • たわむので持ち運びにくい

ゴムマットは弾力性もあり、お客様の足を守ってくれます。土地の形状になじむので凹凸のある土地でも使えます。デメリットは重い・たわむことです。厚さが10mmだと24kg。そこまで重く感じませんが、実際運ぶとなるとたわむため運びにくいのと同時に重く感じます。ゴムは摩擦力があるので、引きづることもできません。

※お客様休憩スペースにゴムマットを敷いていますが、女性では重く移動もできないため同じ場所においています。

プラスチック敷板

メリット

  • 持ち運び安い
  • 腐らない
  • 5~10年利用可能

デメリット

  • コンパネやゴムマットより価格が高い

プラスチック敷板は厚さ13mmで21kgとゴムマットより少し軽く、持ちてもあるので持ち運びやすいです。コンパネのように腐らないので長く使う事ができます。
デメリットとしては、コンパネ・ゴムマットと比べ価格が高いこと。ゴムマットと比較すると3,000円ほどですが、コンパネと比べると断然高いです。ただ、定期的なメンテナンスが不要なので、10年後で考えると格安です。

利用したプラスチック敷板はこちら↓

お客様の声

駐車場から農園入り口までの通路として利用しました。プラスチック敷板は軽く、一人でも持ち運びやすいですね。設置の際ズレてもすぐ直せる所が便利だと思いました。土地に日光が当たらないので雑草予防にもなるのでとても重宝しています。

雨が降った次の日に敷板を見ると、水を弾いており、少し斜めにすると敷板上の水が流れます。お客様の足元が汚れる事なく店内に入る事ができ、お客様も不快にならない、店も汚れないとメリット尽くしです。
設置した事で、農園に来てくださった方から「通路が歩きやすい」と言われました。お客様が喜んでいただけたのが一番うれしかったですね。他の観光農園にもおすすめしたいです。

お問い合わせ
樹脂敷板カットサンプル無料進呈中

ページのトップへ戻る

コメント