敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

建設工事時インターロッキングの汚れ防止のためにプラスチック敷板を使ってみました

駐車場

建物の追加工事の場合、歩道や道路は舗装したものがあるが、これから建物を建てる場所は更地というのが多いのではないでしょうか?

分譲地などは道路だけできており、お客様が土地を購入した後に建物を建築されますよね。 通路はあるが、工事で汚してはいけない、または傷つけた場合は原状復帰が必要です。

今回の事例では、道路が歩道「インターロッキング」で舗装してある場合の事例です。

建設途中の敷地に車を停めたい場合は鉄板かプラスチック敷板で養生

工事車輛や社用車の駐車場の場所が建築現場付近にあり、その周りをインターロッキングで舗装されています。 更地と歩道の間は2cmほどの段差がありました。

課題は、

  1. 更地に駐車するとタイヤに土がつき、インターロッキングを汚してしまう
  2. 段差があるため、車で舗装された歩道がヒビ割れて傷つけてしまう可能性がある

更地の仮設駐車場に段差を解消し、土を寄せ付けないためには、敷鉄板のような板を敷くことが必要となります。

雨が降ると土がぬかるみインターロッキングも汚れてしまう

上の写真は別の場所になりますが、対策をしない場合車についた汚れが下部の歩道を汚してしまいます。細かい砂利がインターロッキングを傷つけてしまう可能性もあります。

歩道を汚さないために最適な解決方法は?

土地の養生は「敷き鉄板」「樹脂敷板」がありますが、今回は軽くて移動もしやすい樹脂敷板を使っていただきました。

なぜ敷鉄板を使わなかったのか?

敷き鉄板は購入すれば高価なもので中古でも数万円します。しかも重く、ユニック車が必要となり、特殊車両技能資格が必要です。今回の企業様はユニックをもっておらず、レンタル業者へ依頼しなければなりません。

プラスチック敷板なら25kgと持ち運びも簡単なので、工事が終われば自分たちで撤去ができます。そしてその日のうちに次の現場へ設置することができるので効率よく作業することができます。

プラスチック敷板なら強度もありインターロッキング汚れ防止になる

※インターロッキングと更地の段差にちょうどよい!

利用したプラスチック敷板はこちら↓

お客様の声

今回、インターロッキングを汚さない・傷つけないためにWボード48薄型タイプを使いました。更地に敷いて利用しましたが、車が汚れないため、歩道も汚すことなく工事が無事に済みました。

更地と歩道の段差も気になっていましたが、板厚8㎜+滑り止め5㎜あり、インターロッキングと更地の段差を埋めるのに最適でした。 重さも25kgで二人でも軽々持つことができて便利ですね。

気になったのが、薄型は意外とたわむこと。乗用車なら薄型でも問題ないがトラックやユニック車なら厚型のほうがもっと工事で使えるなと感じます。 次は厚型を検討します!

お問い合わせ
樹脂敷板カットサンプル無料進呈中

ページのトップへ戻る

コメント

大雨・梅雨・台風でのぬかるみ対策は、プラスチック敷板にお任せ!