敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

戸建て住宅の駐車場舗装は砂利もいいけど、軽くて自分で設置できる樹脂敷板を使ってみた

戸建て住宅の駐車場舗装は砂利もいいけど、軽くて自分で設置できる樹脂敷板を使ってみた 一般・家庭向け

※本事例は、実際の写真掲載はNGだったためイメージ写真を掲載しております。

戸建ての住宅の駐車場舗装は、土間コンクリート・アスファルト・砂利・真砂土など様々あります。土地を舗装するのではなく、カーポートを設置して雨を防ぐ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その中でも砂利の駐車場は価格が安く、水はけもよい、そして見た目もよいので重宝されますが、お困りごとも……。

「タイヤの跡でへこんで水たまりができてしまった」
「砂利が道路に出てしまう」
「掘れたわだちでタイヤが汚れてしまう」

などのお悩みがよく聞かれます。

今回の事例は真砂土で舗装している自宅の1台分の駐車場にプラスチック敷板を使った事例です。

昔ながらの真砂土。見た目はきれいだけど、駐車場にするには困りごとも多い

お客様のご自宅は日本家屋で庭が広く、玄関周りは真砂土で舗装してあります。以前は車を1台のみ所有していましたが、家族が増え、2台、3台と増え、庭の一部を駐車場にしています。土舗装は台風や大雨で柔らかくなります。課題としては、

  • 車が出入りするとだんだん轍ができる
  • 玄関周りが土で汚くなる
  • 車が汚れる

などあり、真砂土ではなく、コンクリートや砂利で舗装するかどうか悩んでおられました。

砂利・コンクリート・アスファルト・樹脂敷板のメリット・デメリット

戸建てのガレージなら「土間コンクリート」「アスファルト」「砂利」「芝生」「カーポート」などありますが、今回は「樹脂敷板」を使いました。

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

土間コンクリート

見た目が一番きれいで頑丈なのが、「土間コンクリート」。

メリット

・見た目がきれい

・何十年ももつ

・お手入れしやすい

デメリット

・施工業者に依頼しなければならない

・価格が高い

・施工後完全硬化までに1週間ほど時間がかかる

・雨の日に大変滑りやすくなることがある

新築なら土間土コンクリートにするのが一度に施工してもらえるのでお勧めですが、住んでいる自宅の駐車場をコンクリートにするには、価格や施工の日数など困る事がありますね。

アスファルト

土間コンクリートよりは安価で施工ができるのがアスファルトです。一般家庭の駐車場ではあまり見かけないかもしれません。

メリット

・土間コンクリートより安価

・お手入れが楽

デメリット

・お庭で全体が暗い印象になる

・耐久性がやや低い傾向

・夏場などに熱を持ちやすい

・ひび割れをおこす場合がある

砂利

一番安い施工で、DIYもできる砂利。砂利のメリット・デメリットは?

メリット

・安価

・踏むと音がするので防犯になる

デメリット

・石が飛び跳ねて車に当たることもある

・雪かきや落ち葉掃除が大変

・砂利は減っていくので継ぎ足しが必要

樹脂敷板(プラスチック敷板)

今回使っていただいたのは樹脂敷板。では樹脂敷板のメリット・デメリットは?

メリット

・比較的安価

・自分で設置できる

・撤去も簡単にできる

デメリット

・見た目はよくない

・発進する際ずれる可能性がある

樹脂敷板は板を敷いているだけなので、見た目はコンクリートやアスファルトのほうがよいですが、価格は安くできます。 敷くだけで、施工がいらないので、施工業者や工事の間、数日車を他の場所へ駐車する必要がありません。

お客さまの声

樹脂敷板を選んだ理由は、設置が簡単だということです。
新築なら土間コンクリート一択でしたが、玄関通路を駐車場にしたいため、リフォームになると価格が高いため、樹脂敷板を利用しました。樹脂敷板は36サイズが1畳分で、軽自動車1台分ならWボード36薄型4枚あれば十分でした。

※土の玄関前を駐車場にしたことにより、車が行き来して側溝のフタに土が上がってしまっています。これがのちのちにへこみや水たまりを生みます。

※側溝の手前から4枚樹脂敷板を敷いたようす。

※軽自動車なら36サイズ4枚でちょうどピッタリ!(1.8m×3.6m 4枚枚分)

あなたのお車では何枚必要?車種別ご利用枚数例

停められる車種別の必要枚数です。必要に応じてサイズ・枚数を選んでいただけます。

使っている商品はこちら


 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

駐車場での使用に限らず、用途はいろいろ考えられます。
こんなことに使えないかな、こんな悩みがあるんだけど……など、まずはお気軽にご相談ください。


コメント