敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

ビニールハウス内の資材置き場に使用

砂地、ハウス内を資材置き場にするためにプラスチック敷板を利用 樹脂敷板(プラスチック敷板)のお客様事例集

ビニールハウス内の資材置き場でご使用頂きました。

問題 ・砂地のためトラックがはまってしまう
設置目的 ・車両が走行できるように砂地の養生
・人力で敷設(大型機械が入れない)
使用品 Wボード36サイズ 10枚
購入・レンタル

個人宅の敷地で土地の養生のために敷板を利用したいという方も多いと思います。

ハウス内を資材置き場にするためにプラスチック敷板を利用

今回の事例のお客様は、ビニールハウスを農業機械や野菜の倉庫として利用したいけれど、砂地のため軽トラックがはまってしまい、車で侵入できないという問題を抱えていらっしゃいました。海に近い立地のため、手で砂がすくえるほど柔らかい土壌です。

当初はコンパネ(合板)を敷いて対応していましたが、軽トラックが通るとヒビが入ってしまったとのことでした。何も積んでいない状態の軽トラックの走行でもひびが入ってしまったため、軽トラックに野菜を積んだ状態で走行したり、農業機械を運び入れることはさらに難しいと頭を悩ませていらっしゃいました。

お客様のお問い合わせ

今回のお客様からは「砂地の資材置き場で使用したい」とお問い合わせ頂きました。

問題解決のポイント

ビニールハウス内のため、一人で移動・設置ができ、コンパネよりも強度のある素材を探しているとのことでした。そこで、普段走行する車両の重量や頻度など、予算などをお聞きし、プラスチック敷板(薄型)をご紹介させていただきました。

お客様の声

コンパネがダメなら敷鉄板しかないと思っていました。しかし敷鉄板は重いため、一人では運べません。価格も高いので個人農家には買えません。その点プラスチック敷板(薄型)だと、13㎏と軽いので一人で運べ、設置後の移動も簡単でした。置き方を後で変更できるのもよい点です。敷板と敷板の間も結束バンドで固定するだけで動きにくくなりました。

プラスチック敷板に決めた点は、一人で運べるところとコンパネより強いところです。敷鉄板ほどの強度は必要なかったので、敷鉄板より安くてコンパネより丈夫なところが自分の使い方に合っています。

コンパネだと毎年買うはめになっていましたが、プラスチックだと5~10年もつということなので、10年後のコストを考えるとプラスチック敷板の方が断然お得ですね。ハウス内は日光を遮断しているので何年持つか様子を見ながら使っていきたいと思います。

砂地、ハウス内を資材置き場にするためにプラスチック敷板を利用

ご利用商品

 

お問い合わせ
樹脂敷板カットサンプル無料進呈中

ページのトップへ戻る

コメント