敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板Wボード・ディバンのことなら敷板net!国土交通省NETIS-VE登録!

敷鉄板より安い!経費削減に!樹脂敷板通販専門店 敷板net

安い・軽い・頑丈!樹脂敷板のことなら 敷板ネット

 

河川工事の配線養生に

樹脂敷板(プラスチック敷板)を河川工事の地中配線養生で使用 工事

工事現場の「河川工事」でご利用いただきました。

問題
  • 河川工事の通路の地下に配線がある
  • 敷き鉄板だと重すぎて断線する恐れがある
設置目的
  • 配線養生
  • 土地養生
使用商品 Wボード48 片面 黒 80枚
購入・レンタル レンタル 2か月間

こちらは河川工事の場所までの土手の養生で使われました。河川工事だけなら敷き鉄板でもよいですよね。樹脂敷板をご利用された理由は、土手の地中に「光ファイバーの配線」が埋まっていたからです。最近は景観の見直しがされており、配線を地中に埋める地域が増えてきましたね。

配線のイメージ

電線類地中化してある配線といっても丈夫な線ではありません。皆さんも携帯の充電コードが断線してしまい買い替えたことはありませんか? 光ファイバーも同じことが言え、重機が通ると断線してしまう可能性があります。重機だけでなく、敷き鉄板のような500㎏以上もある板を養生で使うと荷重がかかりすぎて傷めてしまいます。

お客様のお問い合わせ

今回のお客様は「地中に配線があるので敷き鉄板より軽くて工事に向いている敷板はないか」とお問い合わせ頂きました。

問題解決のポイント

今回の河川工事現場では80t以上の重機は使用しないとのこと。地盤を見るとしっかりとした硬い土地でしたので、これなら樹脂製の敷板でも問題なく使用できると判断し、敷鉄板ではなく樹脂敷板を使用していただきました。

敷き鉄板は1枚500㎏と重く、配線を傷めてしまう可能性がありますが、樹脂敷板(プラスチック敷板)は1枚40㎏と軽いので配線を傷める可能性は少ないですね。

こちらは河川工事の場所までの通り道の養生です。トラックやバックホーなどさまざまな重機が通ります。右側が河川ですので、敷板がズレて重機が落ちてしまっては大変です。

そこで、固定金具で固定することで、ズレにくくしています。敷き鉄板だと固定はしなくてもズレる可能性は少ないですが、樹脂敷板は軽いのでこういった工夫が必要になります。

お客様の声

プラ敷板は軽く手で作業できたので、施工時間が3時間ほどでできました。タイヤの通るところだけ敷けばよいので、枚数も少なくできコストも削減できました。

工事中も金具で固定しているため、ズレて工事が滞ることなく、スムーズに作業できました。地中の配線も傷つくことなく作業できてほっとしています。

金具で設置するのが作業として増えましたが、敷き鉄板の施工やレンタル費用を考えると樹脂敷板は安く費用も抑えられました。

ご利用商品

 

お問い合わせ
樹脂敷板カットサンプル無料進呈中

ページのトップへ戻る

コメント